punk fanzine 狂乱娼館

カテゴリ:EVENT( 6 )

佐々玲子個展 「The Cherubim from the Labyrinth ~迷宮から来たケルビム~」

c0250617_1355968.jpgこのたびほぼ10年ぶりのに拙作の個展をすることになりましたので、お知らせを送らせて頂きます。

佐々玲子個展 「The Cherubim from the Labyrinth ~迷宮から来たケルビム~」
  2016年07月12日(火)~ 2016年07月17日(日)
     12:00~19:00 (最終日17:00まで)

place gallery DAZZLE
〒107-0061 東京都港区北青山2-12-20 山西ビル#101
tel & fax 03-3746-4670

期間中にはこの他、2種の punk-new wave music 時代に関するzineも 展示販売する予定です。このうち1冊は、2014年に
   ブティック「A Store Robot」にて行われた展覧会"PUNK AGE IN LONDON revisited"の為に佐々が制作した記念ファンジンです。

http://gallery-dazzle.com/exhibitions/佐々玲子個展%E3%80%80「the-cherubim-from-the-labyrinth-~迷宮から来たケルビ/

http://gallery-dazzle.com/about/

ご高覧いただければ幸いです。
 在廊日ー7/14日、15日 15時~
       7/16日 13時~19時 
       7/17日 13時~17時
[PR]
by kyoran-shokan | 2016-06-30 13:04 | EVENT

BLACK BOX Party VOL.1 黒田義之氏還暦祝いgig

盛況のうちに幕を閉じました。TATSU(ガスタンクetc.)、ジュネ(AUTO-MOD etc.)、ZIN(Madame Edwarda etc.)、NICKYなど1980年代からpunk 〜hard core シーンで活動し続ける面々、そして黒田氏の最近のお気に入りガールズ・パンクバンド、jungles!!! などが黒田さんのために大集合、今も止まぬパンク魂を感じさせる爆発的?ライヴを繰り広げた。
最後には本人にあまりにも似合わない花束とバースデイケーキの贈呈もあり、新旧punk rocker(こんな単語、使ってしまえばいっそ心地よい)に慕われる黒田氏の人徳に30数年ぶりに恐れ入った。
 私も森田じみいさんとともに危なげ過ぎるDJとして参加させて頂きありがとうございました!じみいさんはhard core中心、私はindustrialというかmuteの人たちを中心にかけました。黒田爺、これからも日本のpunk sceneを少し支えて行ってくださいませ。
c0250617_23144295.png
c0250617_2395961.png
c0250617_2392345.png

[PR]
by kyoran-shokan | 2014-02-13 23:15 | EVENT

"BLACK BOX Party VOL.1 produced by Yoshiyuki Kuroda 60Years old Birthday Party"

   February 11 Tuesday 2月11日(火曜、祝日)at CLUB251(下北沢)
   OPEN18:00 START18:30 adv¥2500/ door¥3000(+D)

『狂乱娼館』メンバーたちが当時執筆させていただいたロック雑誌『ZOO』(その後の『DOLL』)
にて編集者をなさっていた黒田義之氏の還暦祝いライヴが開催されるのでお知らせします。
 PUNK IN LONDON展を共同開催させていただいている森田じみいさんと、『狂乱』メンバーの佐々がDJで参加し、同展覧会のustreamに出演していただいた『MADAME EDWARDA』のZINさんがライヴに参加します。
よかったらいらしてください!
以下のサイトをご覧下さい↓
http://tatsuxxx.com/
http://www.club251.com/sche/1402.html              
[PR]
by kyoran-shokan | 2014-02-08 00:37 | EVENT

「ロンドン・パンク再訪」 展のお知らせ PUNK AGE IN LONDON revisited 

PUNK AGE IN LONDON revisited「ロンドン・パンク再訪」
presented by 『狂乱娼館』& 森田じみい

【2014年1月20日~2月23日】12:00~20:00 (最終日は〜18:00)
reception -25 January (sat.) 18:00~21:00
at A STORE ROBOT 於 :アストアロボット
http://www.astorerobot.co.jp/
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-31-18
TEL & FAX:03-3478-1859
OPEN 12:00以降 ~ 20:00位(不定休)

昨年1~2月開催の『狂乱娼館』回顧展に続くパンク展第2弾。
今回は「Seditionaries」「BOY」などのファッション、「Sniffin' Glue」をはじめとするファンジン(punk zine)類、「ZIGZAG」「iD」などの雑誌等、1970年代末ロンドンのパンク・シーンを彩ったオリジナル・アイテムを紹介。既成概念にNOをつきつけたファッション、今に伝わるzineの大きな源流のひとつともいえるファンジンなどに、パンク一色に染まった往時のロンドンの熱い息吹きを探る。併せて、当時のクラブやギグのフライヤー、チケットなど、とっておきのメモラビリアの数々も公開。

Second exhibition on Punk at A store Robot following “punk fanzine Cathouse of Madness Retrospective” last January-February. Centred on the fashion (Seditionaries, BOY), fanzines (Sniffin’ Glue etc.) and magazines(ZIGZAG, iD) of late 70’ in London. Also various memorabilia such as clubs’ flyers and gig’s ticket are to be on display.


・『狂乱娼館』プロフィール
<メンバー>佐々玲子、鈴木敬子、田村優子、豊田菜穂子
上智大学在学中の1977年9月、ロンドンに渡り、折からのPUNKムーヴメントの洗礼を受ける。帰国後、東京・四谷にて『狂乱娼館』創刊。緑川姉妹による『BOREDOM』に次ぐ国内第2のPUNKファンジンとして、当時日本では入手困難だったロンドン、ニューヨーク、パリなどのPUNK情報を発信。79年6月までに5号発刊するとともに、雑誌「TARGET」「宝島」「ZOO」「Rock Magazine」などにPUNK関連記事を寄稿。大学卒業後、リストマニア企画を設立し、イラスト・ライター・企画編集活動を展開し、現在に至る。2013年1~2月にはアストアロボットにて『狂乱娼館』回顧展を開催。

・森田じみいプロフィール

東京都出身。武蔵野美術短期大学グラフィック・デザイン科卒業。イラストレーター及びロック評論家として活動。その後、コミック分野にも進出し、ロック・コミック『ROCKWROK』(東京三世社)を出版。後に、ニューヨークのハンター・カレッジに語学留学し、NYロックシーンを取材。帰国後、翻訳などのかたわら、ケルトの神話・伝説・民間伝承に関する取材旅行を重ね『英国、妖精と伝説の旅』(東京書籍)を出版。現在は主に銅版画家として活動。
c0250617_23541315.jpg

[PR]
by kyoran-shokan | 2014-01-12 23:53 | EVENT

『狂乱娼館』回顧展 展示案内

c0250617_197660.jpg「そんな展示があったの気づかなかった!」
「お店の商品かと思った!」
そんな残念な声を各方面から頂戴しております。ショップのディスプレイに溶け込んでしまい、お気づきにならなかった方、会期延長につき2月10日(日)まで開催しておりますので、お近くにお寄りの際はぜひまた会場に足をお運びください。

今頃ですが、展示内容は以下のとおりです。


c0250617_1994017.jpg・『狂乱娼館』バックナンバー現物見本
・当時のPUNKバッジ(手づくり含む)
・手づくり版下一部
 手書き・切り貼りファンジンはこうしてつくった!
(バックナンバー陳列台の裏側にあります)
・1977年ロンドンのPUNKポスターマガジン
(こちらはお店に入って右手、壁面をご覧ください)


・当時のPUNKファッション・コーディネート
 セディショナリーズの本物のオリジナル含む(会期中お着替えあり)


c0250617_19104185.jpg左は会期早々のコーディネートその1。



c0250617_1983659.jpg会期中盤のただいまは、こちらのコーデを展示しています。
(更衣室脇)








c0250617_19101537.jpg・オリジナルPUNKコラージュ
キングス・ロード、セディショナリーズ外観・店内・店員さん、マーキー・クラブ外観など、1977年ロンドンで撮影した写真をはじめ、ピストルズ、クラッシュなど当時の宣材写真、PUNKグッズ写真などを、本展のためにコラージュした『狂乱娼館』オリジナル作品。
(更衣室内壁面。お見逃しなく!)


会場:アストアロボット
時間:12:00~20:00(不定休)
アクセス:JR原宿駅より徒歩約5分。
原宿警察斜め前、歩道橋のたもと、
Dieselビルの左脇の小路沿い

*****************************
[PR]
by kyoran-shokan | 2013-01-29 10:26 | EVENT

「狂乱娼館」回顧展のおしらせ

c0250617_1436328.pngc0250617_1435363.pngA Legendary PUNK FANZINE
『狂乱娼館』 回顧展
'77~'79


2013年1月7日(月)~2月3日(日)
アストアロボット
渋谷区神宮前2-31-18
12:00~20:00(不定休)
入場無料
レセプション 
1月12日(土)18:00~21:00

1970年代後半、ロンドン、ニューヨークからPUNK & New Wave音楽が伝わるとともに、ファンの手になる雑誌“FANZINE”が日本にも誕生。そのなかでも独自な視点でPUNKをとりあげて一部で根強い人気を博し、今や伝説と化した『狂乱娼館』の初の回顧展。当時の制作スタッフが今再び結集・企画した本展では、『狂乱娼館』本誌や手書き&切り貼りのオリジナル版下に加え、70年代PUNK文化の熱い息吹きを伝える往時の資料・写真・ファッションなども公開する。

『狂乱娼館』
<プロフィール>
上智大学在学中の1977年9月、ロンドンに渡り、折からのPUNKムーヴメントの洗礼を受ける。帰国後、東京・四谷にて『狂乱娼館』創刊。緑川姉妹による『BOREDOM』に次ぐ国内第2のPUNKファンジンとして、当時日本では入手困難だったロンドン、ニューヨーク、パリなどのPUNK情報を発信。79年6月までに5号発刊するとともに、雑誌「TARGET」「宝島」「ZOO」「Rock Magazine」などにPUNK関連記事を寄稿。大学卒業後、リストマニア企画を設立し、イラスト・ライター・企画編集活動を展開し、現在に至る。尚、現在公開されているWEB版『狂乱娼館』は、後継者の上野清之氏によるもの。

<メンバー> 佐々玲子、鈴木敬子、田村優子、豊田菜穂子


[PR]
by kyoran-shokan | 2012-12-14 19:22 | EVENT